%e5%af%8c%e5%a3%ab%e5%b1%b1

明けましておめでとうございます!

2017年になり初投稿をさせていただきます。
旧年中は多くの皆様にお世話になり誠にありがとうござした。
本年も引き続きのご高配を賜りたくお願い申し上げます。
ts%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b62017-2さて2017年。今年はどのような年になるのでしょうか…。
不動産業界においては、地価が若干値上がったと言われていますが、その中身を観察してみると、都心部を中心に値上がりを見せており、環状七号線あるいわ環状八号線より外の区域においては「特定箇所」を除き横ばいが続いているのも現状です。

昨年弊社でも数多くの仲介をさせていただきましたが、環状七号線の内側のマンションや戸建て住宅は、売出しから1週間ほどで買付が入り、また価格も高い推移で取引がされています。
これも、上記に挙げた「都心回帰」論のひとつの象徴かと実感をしています。

また、昨今では「相続」に関するご相談も多くお受けするようになり、昨年から実施された政府の「空き家対策」問題が効果を表し始めています。
加えて「既存住宅流通・リフォーム市場の活性化」にも力を注いでおり、2017年の税制予算では95億円を国交省が要求をしています。
中古住宅の市場はまさに未開拓な分野とも言われており、今まで融資が困難とされていたこの市場にも、各金融機関が動き出してきてくれています。実際弊社でも、とある金融機関と協力の基、中古住宅の購入+耐震基準を備えたリフォームを予算建てして実行してくれた実績もあり、この分野においての知識も高めていきたいと考えています。

さて、2017年と年は変わりましたが、株式会社ティーズプランニングの基本理念は変わりません。

お客様ファーストの目線を忘れずに、賃貸の仲介はもちろんのこと、戸建住宅の売却及び購入の仲介。そして弊社の得意分野でもある「土地活用&賃貸住宅の管理」を丁寧に行っていきたいと考えています。
同時に弊社の地元でもある「武蔵関」「上石神井」などの不動産に関することなら株式会社ティーズプランニング!
と言っていただけるようスタッフ一同が、個々の力を伸ばしながら、常にカスタマーズファーストの精神でご対応をさせていただきます。

本年もよろしくお願い申し上げます。

株式会社ティーズプランニング
代表取締役 竹本勇二